FC2ブログ

手術の抜糸!!(リベンジならず)

さあ今日は手術の傷痕修正の抜糸をする日。

↓これ
手術の傷痕修正 
中学一年のときに盲腸の手術したときももちろん抜糸しました。

そのときはけっこう大きい病院に入院してたんですけど、医院長先生が直々(?)に病室に来てくれて抜糸。

チクチクして妙な痛さがあったのを覚えています。

あう~、みたいな顔してたら、その医院長先生が



「ハッハッハ、そんなに痛くないでしょう~、ハッハッハ」



って。

しかもその院長先生の治療を見学するために(?)白衣を着た4~5人の研修医(?)がうしろに立ってるし。

無言でじーっと見られるし妙な痛さもあるしで、ちょっと半泣きになりました。

しかしそれから20年近く経って私も今や42歳のオッサン。

今日の抜糸では半泣きなんぞにはなりませんぞ。

なんてったって大人ですから。

ある意味中学のときのリベンジですわ。



そんなこんなで形成外科クリニックに到着。



受付をすませて、っと…



お「8番の方~」

私「ウイッス」



看護師のお姉さんに呼ばれた。

診察室にトコトコ



医院長先生登場。



お?

今日は手術してくれた先生じゃなくて医院長先生なんですね。

すぐ横に看護師のお姉さんもスタンバイ。



先「はい、アフロさん、今日は抜糸ですね」

私「はい」

先「ベッドに横になってくださ~い」

私「ウッス…」(ゴロン)

先「どれどれ…傷口見ますね~」(テーピングをベリッ)

私「……(ドキドキ)」

先「ふむふむ…(糸を)取っていきますね~」

私「うい…」



プチッ



プチッ



うっ!?



うっ!?



すっげえチクチクするよおおおおおおおおおおおお!!

ハサミで切って引っ張ってんのかな!?

なんなんですかこのムズムズするような痛みはあああああああああああ!?



看「うふふ♪チクチクしますよね~♪」



え!?

看護師のお姉さんスゲエ笑ってる。

なんか楽しそうに笑ってるよ!?

ドSの看護師姉さんキターーーーーーーーーーーーー!!



プチッ



プチッ



うっ!?



うっ!?



プチッ



プチッ



うっ!?



うっ!?



先「はい、終わりましたよー」

私「あ…う…」

先「あとは3ヶ月間テーピングをしてください」

私「はい…(3ヶ月!?)」



看護師のお姉さんにバトンタッチ



看「テーピングは傷痕に対して横向きに貼ってください」

私「ほい」

看「少し重なり合うように貼り合わせてくださいね」

私「ふむ…」

看「マニュアルでは3~4日で貼り換えるってあるんですけど、1週間ぐらいでも大丈夫ですから」

私「ほほう」



て感じで診察終了。



それにしても3ヶ月もテーピングしなくちゃいけないんですね。

まあ傷痕をきれいに治すためには必要なのかな。

貼り換えるのめんどくさいんで、はがれるまで貼りっぱなしでいいや!

ってことをしてたら皮膚がかぶれました…↓
手術の傷痕修正テーピング 
手術の傷痕修正抜糸後 
横着したらダメですね…。(;´Д`)


にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

盲腸の手術跡を手術!!(傷痕修正)

さあ今日は29年前に手術した盲腸の傷痕を手術する日。

手術の傷痕修正です。

↓これ
盲腸の手術跡 
私の場合は見た目を治したいというより、かゆくなるんでその部分を取っちゃいたい、というパターン。

怪我や火傷跡の修正を考えてる人の参考になればいいな。



ということでクリニックに到着。



受付を済ませ番号札をもらった。

(この番号札は名前で呼ばないようにする配慮、…と思う)



看「18番でお待ちの方~」

私「ウイッス」



看護師のお姉さんに呼ばれた。



お「こちらへどーぞー」

私「はい」



トコトコ



お「こちらでスリッパに履き替えて中にどうぞ」

私「はい」



おお…

完全に手術室だ…。

テレビで見るような手術室のでっかいライトが頭上に。



お「こちらのカゴに金属類がある手荷物を入れてください」

私「はあい」



ポケットからサイフ、スマホ、鍵を取り出し、ベルトも取ってポイッと。



お「キャップかぶせますね~」

私「ん?」



なんだか給食当番のような帽子をかぶせられましたぞ。
手術キャップ 



お「こちらを頭にして寝てください」

私「うい」



ついに手術台に…。



お尻のあたりに金属のプレートみたいなのが敷いてある。

これは静電気を逃がすやつ…?



お「アフロさん、おなかを出してください」

私「はい」



上着をペローン

ズボンとパンツをズリッ!!



大事な部分は見えてないがギリギリのところでセクシーさを醸し出しているはずだ。フフフ…。(セクハラ)



ファサ~



お姉さんがでっかいバスタオル?をかけてくれた。



お「アフロさん、左手に点滴しますね」

私「あ、はい」



左手の甲を消毒。



え?

そんなとこに点滴するの!?

まあいいけど。



チクッ



うっ、痛い!
点滴跡 



ギュッ



ん!?

手を握られた…!?



執刀医の先生登場。



この前の院長先生ではなくて40後半ぐらいの男の先生。



先「はい、アフロさん今日は手術の傷痕修正ですね」

私「はい」

先「先日の血液検査の結果ですけど、すべて正常値でした」

私「よかった」

先「梅毒やHIVもマイナスですね、感染してませんでした」

私「おお…そういうのも調べるんですね」

先「そうですね。ではそろそろ準備を…」

私「ウッス…」



タオルをガバッ



先「ここですね~」

私「……(ドキドキ)」



ついに始まった!!

ききき緊張してきたッ!!



先「まずは全体的に消毒しますね~」



消毒液をぬりぬり



手術する部分だけが見えるカバー?をお腹にバサッ



始まったあああああああああああああああああああ!!



先「麻酔しますねー」



チクッ



チクッ



痛いッ!!



痛いッ!!



何回も周辺を刺すから痛いよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!



うっすら目を開けると看護師のお姉さんが笑ってる。



痛いんですよおおおおおおおおおおおおおおおお!!

すでに泣きそうなんですよおおおおおおおおおおおおおおお!!



麻酔終了



ドキドキ…



先「ここはどうです?痛み感じます?」(スパッ)

私「うッ!?な、なんか、ちょっとだけ、痛い、ような!?」



い、今メスでちょっとだけ切った!?

試し切り!?!?!?





恐怖心MAッッX!!





先「ここはどうですか~?」(スパッ)

私「あ、…そこは、大丈夫、…かな?」



スッ


スッ



あわわわわわわわわわわわ

ついに切り始めた…。

麻酔してるからよくわかんないけど、たぶん今メスでいろいろ切ってるよおおおおおおお。

首を持ち上げたら見えるだろうな…。





…皮膚を切ってるところ。





こわッ!!!!!!!





ジジ…



ジジ…



ん!?

なんだこの音?

電気メス…的な…?



ジジ…



ジジ…



怖くて目を開けることすらできない…。





==30分後(ぐらい)==





あー

傷口を縫い始めた…。

なんか引っ張られてる感触がある。



先「アフロさんもうすぐ終わりますよ~」

私「うい…」



スゥ~



ああ…

涙が出てきた。

こめかみの方に流れる涙。

もうすぐ終わるということがわかって緊張の糸が切れたのかな…。

涙が出てきたよ…。



看「点滴取りますね~」



スポッ



左手に刺してあった点滴を取り外す看護師のお姉さん。



ギュ~



ん?

お姉さんが手と手首を握ってる。

あったかい。

なんか…

スゲエ安心する。

手を握ってくれてるのかな?

不安がやわらいでいくよ。

もう大丈夫ですよ、ってことなのかな。



安堵&安堵



安堵だけにね。



安堵アンド…



(*゚∀゚)ふへへへへへへへへへへへ!!



よし!!

おやじギャグが思い浮かぶぐらい冷静になれた!!

ありがとうお姉さん。

さっきはパンツをずらしてセクハラしてしまってごめんなさい。

これぐらいの手術で泣いちゃった42歳のオッサンでごめんなさい。



先「はい、アフロさん終わりましたよ」

私「おお…」



手術終了 


↓一日経ってガーゼを交換してもらった。
手術ガーゼ交換


↓手術前
盲腸の手術跡 


↓手術後
手術の傷痕修正 
さあ、これがどれくらい目立たない傷になるのか!?

落ち着いてきたらまたブログにアップしたいと思います。

ちなみに手術費用は64,800円でした。


にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

盲腸の手術跡を消したい!!(かゆくなるから)

わたくし、中学1年のときに盲腸の手術をしたんですね。

虫垂炎っていうのかな?

今42歳で13歳のときだから29年前ですね。

で、

今、手術の傷痕がこんな感じになってるんです↓
盲腸の手術跡 


場所はこのへん↓
傷痕の場所

赤黒くなって、かさぶたみたいになった部分もあります。

ケロイド状というやつかな。

まあ、こうなるのは別にめずらしいわけじゃないらしいし私も気にしません。

おなかの下の方だしパンツを脱がなきゃ見えないし。

子供とお風呂に入ったときに、



子「おとーさん、おなかどーしたの?」

私「昔手術したんだ、ハッハッハ」



ってことがあるぐらいです。

ただ、この傷痕ときどきかゆくなるんですよね。

とくに乾燥する時期になると我慢できないぐらいに。

かゆみが発生するのもよくあるパターンみたいです。

かといって皮膚科に行ってもかゆみ止めと保湿の薬をくれるだけ…。

本格的に治そうと思い、いろいろ調べるとこういう傷痕の修正の専門は『形成外科』みたいですね。

整形外科とも美容外科ともちょっと違うっぽい。

治療方法は、



・内服薬

・ステロイドテープ

・ステロイド注射

・手術療法



ざっとこんな感じ。

てことで地元の形成外科を検索。

形成外科を専門にやってるクリニックって地元にあんまりない…。

形成外科もやってる美容外科はある…。

けど、できれば専門医院の方が…と考えてしまう。

大きい病院ももちろんやってるけど2018年4月1日から初診料が5,000円いるんですね。

ちゃんと治るんだったら別に5,000円かかるのはいいんですけど、こういう大きい病院って待ち時間が長いんですよね。

そういう規模やシステムだから仕方ないんですけど。



そんなこんなで良さそうな形成外科クリニックを見つけ、行ってみることに。



車でブーン



到着



受付のお姉さんに保険証を渡しつつ



私「あ、あの…初めて来たんですけど…」

お「はい、ではこちらの問診票をお書きください」

私「はい」



問診票を書き書き

名前、住所、電話番号、希望する治療?のところで『手術跡の修正』にマルっと。



私「書けましたー」

お「はい、では番号でお呼びするのでこちらの札を持って少々お待ちください」

私「ウイッス」



番号が印刷された札を渡された。

他に待ってる患者さんけっこういるし、これはプライバシーに配慮して…かな?



しばらく待っていると



お「12番でお待ちの方~」

私「ウイ」



呼ばれた。

診察室に入るとホームページで見た医院長先生(50代男性)がドン!



先「はい、アフロさん手術跡とのことですけど場所はどこですか?」

私「おなか…盲腸の傷痕です」(服をぬぎぬぎ)

先「何年前の手術ですか?」

私「29年ほど前です」

先「ふむふむ」(カルテを書き書き)



服をペローン



傷痕を見つつ…



先「大きさはどれぐらいかな…」



紙でできた定規を当てて…



先「6㎝ほどですね」

私「すごくかゆくなるときがあるんです」

先「あー、なるほど。手術して傷痕を取っちゃうのが良さそうですね」

私「手術…」

先「はい、傷痕修正ですね。切り取って皮膚を縫い合わせる手術です」

私「ふむ…」

先「傷痕がまったくなくなるわけじゃないですけど、今より目立たなくなると思います」

私「ほお…」

先「かゆみの部分を切り取るんで、かゆみもなくなると思います」

私「ほほう」

先「ただ、この手術は保険適用外なんです」

私「うむ…」

先「傷痕1㎝で1万円ほどですから6万円ぐらい、あと検査や薬代は別です」

私「なるほど…」

先「どうします?」

私「んー、んー、はい、お願いします、手術で!」

先「はい、では手術はまた後日になるんですけど、手術前の採血検査をお願いします」

私「はい」



ということで別室に移動して採血。

今日はここまでで診察終了。

次回は手術だ。



手術…



なんだか急に怖くなってきた…。


にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
プロフィール
ニックネーム:アフロ
歯列矯正はじめました。
笑顔のステキなナイスガイ目指して現在奮闘中。
趣味:釣り、スノーボード、家庭菜園
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

矯正費用&治療費
カテゴリ
最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ランキングボタン
リンク
矯正歯科
審美歯科
インプラント
歯周病
ブログ内検索フォーム
歯科グッズ
歯列矯正の本
ランキング