FC2ブログ

命のおじさん

歯科医院(病院)とか治療などとブログに書いていると、よく思い出すことがあります。

『命のおじさん』のことです。

命のおじさんとは、私が勝手にそう呼んでいるだけで、普通の人です。

10年以上前、まだ私が学生だったとき友人のK(この前一緒に釣りにいったKとは別の友達)が体の不調を訴えて入院したんです。

そのKのとなりの病室に入院していたのが命のおじさんです。

おじさんは50歳ぐらい。

Kと気が合ったんでしょう。お見舞いに行くたびにKとおじさんはよくお互いの病室で話をしていました。

親子のようであり、友達のようにも見えます。

実際Kも、

「息子のようにかわいがってくれるんだ。」

と言っていました。

ある日、5人ほどの人数でお見舞いに行ったとき、さすがに病室は他の入院患者もいるし、迷惑になったらいけないので病院内のレストランに移動することにしました。

みんなでコーヒーやジュースを飲みながら話をしていると、頼んでいないサンドイッチが運ばれてきました。

「え?」

と思っていると、ウエイターさんが

「あちらの方からです。」

と言い、見るとすこし離れたテーブルにおじさんがいて手を振っています。

「みんなで食べ~。」

「わあ!ありがとうございますー!」

みんなでごちそうになりました。

おじさんも友達と思われる人達とテーブルに座り、楽しそうに話をしています。

食べ終わるとみんなでおじさんのテーブルにお礼を言いに行きました。

「サンドイッチありがとうございます。ごちそうさまでした。」

「ワッハッハ。びっくりしたか?ワッハッハッハ。」

楽しい人だなぁ。

次にお見舞いに行ったとき、Kと病院のエレベーターに乗っていると、おじさんが乗り込んできました。

私は、

「この前はサンドイッチごちそうさまでした。」

と言うと、

「オウ!いいってことよ!ハッハッハッハ!」

その日おじさんは点滴をしていましたが、

「ほんとに入院患者?」

と思うぐらい元気いっぱいです。

そして数ヶ月たったある日、






おじさんが亡くなりました…。






ショックでした。

もうすぐ退院!というぐらい、いつも元気だったのに…。

亡くなった原因はショックのあまり、うまく聞けませんでした。

Kも相当ショックだったらしく、病室のベッドで三日間泣き崩れたそうです。

いつも顔を合わせて、実の息子のようにかわいがってくれた人が亡くなったわけですから、その悲しみは私の何倍も大きかったと思います。

おじさんも、「退院したら仕事を再開しよう。」「あれを食べよう。」「あそこに出かけよう。」など、いろいろな思いがあったと思います。

自分の病気のことをどこまで把握してたのかはわかりませんが。

しかし、おじさんはもう何もできなくなってしまいました。

それを考えると自分はなんて恵まれているんだろうと思います。

食べたいものを食べれるし、歩くこともできる。

きちんと動く手足があり、健康に暮らせています。

こんなあたりまえのことがすごくありがたく感じます。

ありがとう、おじさん。

オレ、おじさんのように他人にやさしく接することができているかな?

つらいことがあっても、おじさんのように立ち向かっていける心の強さがあるかな?

おじさん、オレ、先月子供が産まれたよ。女の子。

命の大切さ、人に対するやさしさ、感謝の心を教えていきたいと思う。

ありがとう、おじさん。

おじさんの命を通して、命の大切さを学ぶことができたよ。

ありがとう、おじさん。

Kは無事に退院したよ。

ありがとう、おじさん。

サンドイッチごちそうさまでした。




にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

怪しいヤツ

下の歯にも矯正器具ついたあああああ!
2009年10月・正面
           ↓
2009年11月・正面

今日は下の歯にも矯正器具がつくというので、ワクワクしながら歯科医院に行ってきました。

歯科医院に着くと、さっそくT先生登場。

「こんにちは!さあ、下の歯に装置(矯正器具)つけますね!」

いつもバイタリティあふれるT先生。

まず歯科衛生士さんが歯の表面を磨いてくれました。

電動ブラシでゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…。

そしてT先生にバトンタッチ。

「くち開けて~。」

「ハイ閉じて~。」

を、くりかえしながら上の歯にあたらない場所にブラケットをつけていきます。

「そっか、噛むたびに歯にあたったらダメだもんね。」

と思っていると、今度は

「アゴを横にスライドさせて軽く歯ぎしりしてみてください。」

とT先生。

これも上の歯に下のブラケットがあたるかどうか見てるみたいです。

「う~ん、左は大丈夫だけど右があたってるね~。」

と言いつつ、機械でチュイーン、チュイーンとブラケットをすこし削ってくれました。

削っていいの?(; ゜ロ ゜)


上の歯はワイヤー交換せずに、ワイヤーを固定する輪ゴムだけ交換したみたいです(たぶん)。

ただ左の2番を固定するとき、

ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐり!!!

「イタタタタタタタタタタ!!せっ先生!そんなにぐりぐりしたら、したら、おおおおおおおおお!!!」

どうやらワイヤーを固定する輪ゴム金属にしてくれたみたいです。
2009年10月・左2番
           ↓
2009年11月・左2番

2009年10月・左2番アップ
           ↓
2009年11月・左2番アップ

いきなりだったからびっくりしたぁ。

痛かったし…。(´д`、)

ぐりぐりしてたのはワイヤーを固定するワイヤーをねじってたんですね。

しかしこれで上下に矯正器具がつきました。

ついに完全体に…。

上の歯のときもそうだったけど、やっぱり最初は矯正器具とクチビルがあたる感触が落ちつかないですね。



なんとか無事に治療も終わり、受付で待っていると名前を呼ばれました。

「今日のお支払いはこちらの金額です。」

きたっ!!

そうです。

今日は歯列矯正費用の支払日なんです。


歯列矯正費用 603,750円

本日の診察料   3,000円


現金で払おうと用意してたんですけど、ポケットやサイフ(二つ折り)には入らなかったので、実は車の中に置いてたんです。

(不用心ですね…。)

「ちょっと車まで取りにいってきます。」

というと、

「はい。」

と受付のお姉さんは答えたので、さっそく取りにいきます。



お金を取りに駐車場に向かっている途中、ふと思いました。

「このままお金を払わずに帰る(逃げる)と思われていないだろうか?」

治療途中だけど、けっこう大金だし。

怪しまれてないだろうか?

新婚旅行のときも関西国際空港の手荷物検査のゲートを通るとき、怪しまれて(?)自分だけ

「上着を脱いでください。」

って、空港職員に言われたことがある。

ヨメさんも

「私も脱ぐんですか?」

と自分の上着を指差して聞くと、

「あ、いや、けっこうです。」

って、なんじゃそりゃ!!

テロやハイジャックを警戒するのはわかる。

わかるよ。

クツを脱げって言われたら脱ぐし、ズボンも脱げって言われたら脱ぐけど、

なぜオレだけ?

他にも並んでた人いたのに…。

「上着?脱ぐのっ!?」

と聞くと

「あ…、できたらでかまいません…。」

って弱腰になるし。

あいまいだなぁ。

ええ、脱ぎましたよ。普通に。

金属探知機のゲートも無事通過。

凶器なんか持ってませんよ~。\(*´▽`*)/

でもそんなに怪しいヤツに見えたんだろうか?



そんなことを思い出しながら急いで車にお金を取りに行く。

怪しまれる行動はイカン!

受付までダッシュだ。

急げ!急ぐんだ!オレ!

建物の中にダッシュで戻ると受付のお姉さんは笑顔で迎えてくれました。

よかった(?)~。

被害妄想してすいません。

↓ちなみにこれが脱げといわれた上着。
脱げといわれた上着



↓ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
プロフィール
ニックネーム:アフロ
歯列矯正はじめました。
笑顔のステキなナイスガイ目指して現在奮闘中。
趣味:釣り、スノーボード、家庭菜園
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

矯正費用&治療費
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
ランキングボタン
リンク
矯正歯科
審美歯科
インプラント
歯周病
ブログ内検索フォーム
歯科グッズ
歯列矯正の本
ランキング